スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

loading...

2011年 唯一の心残り

こんばんは。
久々にシャレにならないほど疲れたやきあじです。

この三日間・・・地獄であった。





あ、コミケじゃないよ?
アニメやゲームの話ばかりしてますし、タイムリーな話題だと勘違いされそうですが残念ながらそのような華やいだイベントじゃないです。
プライベートというか身内の後処理ですわ。
とりあえず、発散する場所がないのでこの場で一言だけ。
「葬儀すら出ない人間が今更身内面で出てくるんじゃねーよ!!」


さて、今年も色々あったのですが「今年はこんな事をした」とか振り返りは不要なのです。
そんなこと書いても読み手には関係ないですからね。
それよりも、個人的に興味はあったのに足を運び損ねた映画があるのです。

ヒカリ (公式サイト)


俗に言う『単館映画』といった規模なので知らない方がほとんどではないでしょうか。
よほどそちらの世界に興味がある方ぐらいしか名前すら届かないと思われます。
でも、ちょっと気になるのですよ。

この映画は『声』が主役というマニアック志向でして、有名男性声優による耳元で囁く甘いヴォイスを堪能するためにある映画らしいのです。
その耳元という内容に相応しく、各座席にはヘッドホンやイヤホンなどを繋ぐ端子が用意されており、愛用の機器を繋いで楽しむことができるという前代未聞の企画が施されているといいます。
では、音(声)がメインということですがスクリーンはどうなっているのか?

必要最低限の字幕のみ

ちょっと待て。
それは映画なのか?
映画って家で見ることができないような巨大なスクリーンと素晴らしい音響施設を提供する場所じゃないのか?
それ、家で世界一初恋のDVDでも再生してヘッドホンで聞いてたらいいんじゃないのか?
実に分からない。
映画の金額は一般映画と同額の1800円。
えーーー?何か微妙な気がするんですけどねぇ・・・


でも、逆にそれだけ強気なんだから想像を超える世界がそこにあるのでは!?
などと思ったりしてた訳ですよ。
なんだかんだ行きそびれて視聴の機会を逃したことが今年唯一の心残りです。


つーか、こんな内容が本年最後の記事でいいのか?などと思われるかもしれません。
ん~・・・別にいいんじゃないでしょうか?
多分、明日の朝にでも「あけおめー」とか書いてるでしょうし。
ぶっちゃけ祭事事には興味薄いのですよ。
「あぁ、明日から2012かー」って程度

とはいえ一応2011年もまもなく終わります。
一応、節目として一言だけ。

来年(明日から)もよろしゅう。





補足。
この映画、年明け1週間は大阪の梅田で見られるみたいです。

スポンサーサイト

関連記事

loading...
ようこそ

やきあじ

Author:やきあじ
コーヒーと雪の宿が嗜好品。
そんな社壊人の能書き。

決まったコンテンツは少なく雑多。
方向性を定めてしまえば楽でしょうし、読みやすいと分かっている。
でもあえてしないスタイル。
興味のない記事は読まなくても構わないと思いますし、逆に新しい情報として吸収するのも自由。

ただ私は好き放題に書くだけ。

最新記事
カテゴリ
キーワード検索
キーワード(タグ)を選択し、表示する記事を絞り込むことができます

お知らせ
Twitter
Twitter ブログで取り扱っていない話題や裏話もチラホラと呟いております

最近記事のRSS
RSS 不定期更新のため、登録しておくと便利かもしれません

ブロ友の申請
ブロ友申請 余程の事がない限り断ることはありません
最近のつぶやき

Twitter Reload

メール
コメントに残したくない連絡はこちらからどうぞ
こんな記事が読みたいなどリクエストも受け付けます

名前:
メール:
件名:
本文:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。