スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

loading...

[アクエリオンEVOL] 横谷昌宏さん至急、職員室まで来なさいっ!!

こんばんは。
笑いすぎてお腹が痛いやきあじです。

AquarionEvol-89.jpg
アクエリオンに関しては基本的に記事を作るつもりはありませんでした。
理由としては基本的にオチで笑わせるタイプの作品のため、ネタバレで楽しみが減る可能性が高いのです。
しかし・・・今回ばかりは書きたい。

アバン、Aパートで散らせたキーワードを後にリレーで繋ぎ笑いのジャブで牽制。
視聴者のテンションが高まってきた所でバトル開始。
そこからの痛烈なギャグの連打!
もはやツッコミが間に合わない・・・
過去アクエリオン作品中『最高』で『最低』で『馬鹿』な放送。
脚本家の横谷昌宏さん感謝しかありません。
本当に、これだけ笑わせてくれてありがとうございます!



アクエリオンEVOL 第8話[さらけだせ]

「人はなぜ穴を掘るのか?」
AquarionEvol-29.jpg
相変わらず穴を掘るアンディ君。
何を目指し掘り進むのか?
当然ロクでもない理由であることは言う間でもありません。

AquarionEvol-30.jpg
同時刻、校内ではサザンカが課外授業の時のスナップ写真を販売しておりました。
『趣味で撮ったもの』らしいのですが・・・
AquarionEvol-31.jpgAquarionEvol-32.jpg

こんな状態の彼女がどうやって撮影したかなんてツッコンではいけないのでしょう;

やはり一番人気はシュレードのようですね。
AquarionEvol-33.jpgAquarionEvol-35.jpg

各々好みの写真を手に取り大盛況です。
そんな写真の中からアマタが選んだのは・・・
AquarionEvol-36.jpgAquarionEvol-37.jpg


「アマタ×アンディかぁ、その発想はなかったわ」
AquarionEvol-38.jpg
「よぉ!穴堀り兄弟っ!!」
AquarionEvol-39.jpg
お約束。
だが、それがまた良い。

ここで少々中略。
冒頭のアバンのネタの延長部分ですが長くなるので割愛。
ちなみにミコノの下着について・・・など。

場面は変わって話題はゼシカの服装の話に。
AquarionEvol-40.jpg
「いい?ゼシカ、今後過剰な露出は禁止!」
AquarionEvol-41.jpg
「人を露出狂みたいに言わないでよ」
AquarionEvol-42.jpgAquarionEvol-43.jpg

キャンギャルでももう少し自重するレベルの服だとかツッコむのは野暮なのでしょう。
しかし・・・本当に下着はどうなっているのでしょう?
紐すら存在しない。透明なワイヤー? それとも?
ま、こういう部分は深く追求しちゃダメですね。
男性諸君の夢がそこに詰まっているでしょうから;

時間は流れ夜半。
面倒くさい女ミコノも昼間の会話が気になる模様。
「結局、男の子って大胆な格好の方が好きなのかな?」
AquarionEvol-44.jpg
「思い切ってもっと見せちゃえば?意外と似合うんじゃない?」
AquarionEvol-45.jpg
でもダメ。
できない子は相変わらずです。
ま、足担当(というか絶対領域)ですから問題ないでしょう。

AquarionEvol-46.jpg
そんな中、今週もアルテア軍の襲撃です。
端折っていましたが今回でアルテアの目的が語られております。
「我が国には女性が居ない。子孫を残すため安産型の女性を攫って来い!」
かなりの意訳ですが、概ね間違っていないかと;

AquarionEvol-47.jpgAquarionEvol-48.jpg

さて、今回のお相手は『どう見ても噛ませ役』のジン君。
機体をアクエリオン対策でフルアーマー化しての登場です。
防衛はアマタ・ゼシカ・ミコノの3名。
ま、話の流れからして当然の抜擢ですね。

一方その頃、囚われのお姫様カグラさんは・・・
薔薇の触手責めで悶えておりました♪
AquarionEvol-49.jpg
「嗚呼、なんてはしたない声・・・鳴くならもっといい声・・・」
AquarionEvol-50.jpg
このカットは本当に必要だったのか!?
ちょっと様々な方向へサービス過剰ですよ今回・・・;
まだここでもネタはジャブの域。
本番はこれからですよ?


一進一退の戦闘ですが、アクエリオンが敵のミサイルに被弾。
AquarionEvol-52.jpgAquarionEvol-53.jpg

しかしダメージはない・・?

AquarionEvol-54.jpgAquarionEvol-55.jpg

と思ったらなぜかパイロットの服が破れる破廉恥攻撃!
(衝撃波による内部攻撃らしいのですが、どう見てもサービス;)

更に被弾し、合体は解除されてしまいます。
分離した個々のマシンで追撃を受け更に剥がされるパイロット。
AquarionEvol-57.jpgAquarionEvol-58.jpg

ちなみに・・・彼もしっかり露出進行中です。
AquarionEvol-59.jpg

逃げ回るゼシカに複数のミサイルが接近したその時、新たな力に目覚めます。
「弾道の気配・・今、肌が感じた!」
AquarionEvol-60.jpg

ここからお約束の挿入歌・・しかし流れたのは前作ファン垂涎の「Go Tight!」
懐かしすぎてイントロで鳥肌モノです!


「人は素肌を晒すことで感覚が研ぎ澄まされる・・・服が破け無防備になることと
 引き換えに敵の攻撃に対して鋭敏に反応できるようになるのだ」
AquarionEvol-61.jpg
あの、指令『背水の陣』という言葉は分かりますが・・・
“服が破け”って明らかにおかしいですからっ!!
しかし、テンションの上がりきったアクエリオンはもう止まりません。

「肌を晒すほど敵の攻撃を避けられるってこと?格好つけてる場合じゃないでしょっ!!」
そして自らスーツを引き千切るゼシカ。
AquarionEvol-62.jpgAquarionEvol-63.jpg

「私だって!!」
AquarionEvol-64.jpgAquarionEvol-65.jpg

えーーー・・・それチキンやん;
それでもこの顔。
どんだけ恥ずかしがり屋なのさ君;

AquarionEvol-66.jpgAquarionEvol-67.jpg

各パイロットの指揮も高まったところで再度合体アクエリオン。
「無防備合体!GO!アクエリオン!!」
『やだ・・・素肌が敏感になって・・・
     身体中の全部が・・・
            刺激的ぃぃぃっ!!』

相変わらずのセリフです。
もはやアクエリオンに自重なし。
しかし、エロというよりバカとしか受け取れないのがアクエリオン。

「あぁ、アマタ君に見られて・・・恥ずかしい」
AquarionEvol-68.jpg
と言いつつもエレメントレベルが上昇するミコノ。
見られて悦ぶという新しい世界への扉も開いたようです。

いつまでも放置されていては適わないジン君。
渾身の全弾発射にて攻めますがBGMを背負ったアクエリオンに当たる訳ありません;
AquarionEvol-69.jpg

「もっと、もっとぉぉっ!!」
AquarionEvol-70.jpg
「恥ずかしい・・・けどっ!!」
AquarionEvol-71.jpg
AquarionEvol-72.jpg
素直な反応でよろしい。

「俺もイクぅッ!!!」
AquarionEvol-73.jpg
AquarionEvol-74.jpg
うむ。これも素直な反応でよろしい。

「とんだ狂奏曲だ。俺にはとても…奏でられない…」
AquarionEvol-75.jpgAquarionEvol-76.jpg

なぜ、お前まではだけるんだwww
もうダメです・・・シュレードが完全にネタキャラ化しています;

「これぞ羞恥心と開放感の猛烈なせめぎ合い! 肌を火照らせ…肉を断て!」
AquarionEvol-77.jpgAquarionEvol-78.jpg

さすが不動指令と言いたいところですが、何を言っているのか理解できませんwww

AquarionEvol-79.jpgAquarionEvol-80.jpg

AquarionEvol-81.jpgAquarionEvol-82.jpg

AquarionEvol-83.jpgAquarionEvol-84.jpg

必殺技「やきゅうけん」
残り一枚からの逆転勝利・・ということで噛ませ役お疲れ様でした。


エピローグでは・・・どのように撮影したのかは相変わらず不明ですが冒頭に引き続き写真が販売されています。
AquarionEvol-85.jpgAquarionEvol-86.jpg

当然本人達の許可などありません。
ちなみに売れた描写はこの一枚。
AquarionEvol-87.jpg

誰が買ったって?
ん~・・・袖口で判断してくださいな♪

次週「男と女のアナグラム」
AquarionEvol-88.jpg
アンディだぜ?
どう考えても「穴」でしょ。
既にサブタイトルの時点で嫌な予感しかしません。
でも、それが、アクエリオン!!


関連記事

loading...

非公開コメント

ようこそ

やきあじ

Author:やきあじ
コーヒーと雪の宿が嗜好品。
そんな社壊人の能書き。

決まったコンテンツは少なく雑多。
方向性を定めてしまえば楽でしょうし、読みやすいと分かっている。
でもあえてしないスタイル。
興味のない記事は読まなくても構わないと思いますし、逆に新しい情報として吸収するのも自由。

ただ私は好き放題に書くだけ。

最新記事
カテゴリ
キーワード検索
キーワード(タグ)を選択し、表示する記事を絞り込むことができます

お知らせ
Twitter
Twitter ブログで取り扱っていない話題や裏話もチラホラと呟いております

最近記事のRSS
RSS 不定期更新のため、登録しておくと便利かもしれません

ブロ友の申請
ブロ友申請 余程の事がない限り断ることはありません
最近のつぶやき

Twitter Reload

メール
コメントに残したくない連絡はこちらからどうぞ
こんな記事が読みたいなどリクエストも受け付けます

名前:
メール:
件名:
本文:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。