スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

loading...

[HUNTER×HUNTER] やるじゃんマッドさん

こんばんは。
HUNTER×HUNTERはキメラ=アント編が一番好きなやきあじです。

hunter-08.jpg
うん。分かってる・・・少数派であると;
冨樫は人間の心理描写及び、その表情を描くのが凄みなんですよ。
そこが一番形になっているのがキメラ編なんですよねぇ。
ま、暗いエピソードですし人気がイマイチなのは理解できるのですけどね。
だから少数派。
さて、キメラ編について語るとアホみたいに長くなるのでそれは置いておきまして今日はアニメ版のお話。

既に30話ほど放送されているのですが少し前の27話から第2部に入りましたね。
恐らく最も人気のあるエピソードである 『幻影旅団編』 です。
1部にて無事ハンターとしての資格を得たゴン(主人公)達が心身ともに成長し、HUNTER×HUNTERを語る上で外すことができない『念』を会得するエピソードです。
ま、これ以上はネタバレになりますので興味のある方はアニメを観ていただくかコミックでも読んでくださいな。

本アニメの製作はマッドハウス。
黒歴史とも言える某社が作成したあの偽ハンターとは違い、キャラ造形も良好。
少々BGMが安い印象ですが、演出等を含めてかなりの良作品として仕上がっています。
マッドさんはこういった構図の使い方など上手いですよね♪
hunter-19.jpg

さてさて、そんなマッドハウスがやらかしてくれました。
hunter-09.jpghunter-10.jpg

hunter-11.jpghunter-12.jpg

hunter-13.jpghunter-14.jpg

hunter-15.jpghunter-16.jpg

hunter-17.jpghunter-18.jpg

後期エンディングテーマに起用されたのはGALNERYUS(ガルネリウス)
知る人ぞ知る程度のアーティストですがガッチガチのメタルバンドです。
曲調は正統派ハイスピードメタルになります。
ま、曲自体は割とどうでもいいのですが・・・使い方が上手い。

暑苦しいイントロに重ねて締めのナレーションを入れるとか反則じゃね?
バトル主体の2部にはピッタリ過ぎて笑えてきましたよ。
一言で言えばテンションが上がる上がる・・・
思わず「次はまだか!」と言いたくなるレベル。
演出の一環として一話だけでも見てみてもいいんじゃないでしょうか。


で、何で今更このタイミングなん?と思われたかもしれません。
最初に言いましたように現在最速で30話。
2部が始まったのは27話。
ん~・・・『関西を考慮して』でしょうか。
関西では来週から2部が始まるのですよ。
なので丁度見始めるのにいいかなーと。
2部から見始めても問題ありませんし、結構オススメですよ♪

 
 
 
遅れたのは決して溜め込んだ録画を一気に消化したからではありませんよ?



関連記事

loading...

非公開コメント

ようこそ

やきあじ

Author:やきあじ
コーヒーと雪の宿が嗜好品。
そんな社壊人の能書き。

決まったコンテンツは少なく雑多。
方向性を定めてしまえば楽でしょうし、読みやすいと分かっている。
でもあえてしないスタイル。
興味のない記事は読まなくても構わないと思いますし、逆に新しい情報として吸収するのも自由。

ただ私は好き放題に書くだけ。

最新記事
カテゴリ
キーワード検索
キーワード(タグ)を選択し、表示する記事を絞り込むことができます

お知らせ
Twitter
Twitter ブログで取り扱っていない話題や裏話もチラホラと呟いております

最近記事のRSS
RSS 不定期更新のため、登録しておくと便利かもしれません

ブロ友の申請
ブロ友申請 余程の事がない限り断ることはありません
最近のつぶやき

Twitter Reload

メール
コメントに残したくない連絡はこちらからどうぞ
こんな記事が読みたいなどリクエストも受け付けます

名前:
メール:
件名:
本文:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。