スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

loading...

コミPo!に挑んでみた ~リベンジ3回目~

こんばんはー。
お菓子[雪の宿]がないと生活できないやきあじです。

えーと、コレ放置してた訳じゃないんですよ?
色々と様々な塗り方の講座を読み試してたのですが・・・
アニメ塗りとか肌に合わないわっ!
キッチリカッチリと色の境目が発生する塗り方が好きになれない。
グレースケールにそれを求めるのかは悩むところですがカラーで塗る機会には確実にそれは言えるでしょう。
ま、個人の好みですよね。

結局自分のフィーリングで塗った方が満足できたという結果に至りました。
絵なんて自己表現の一つですし正解なんてないですよね。多分。

結局こうなった
グレー
Yes!モヤっとグレー♪
まだ主線の改善余地はありそうですが幾分マシになったんじゃないでしょうか。
なんか目の光入れ忘れてるけど・・・もう面倒なんでいいや。

並べてみる
比較
真ん中は見なかったことにしよう。
うん。それがいい。
あえて似せてみるとか何がしたかったのでしょうね?

さて、とりあえずできたものの厄介な悩みがありました。
プリントアウトしたら色がベタっとしてしまうのがグレースケール。
一般家庭用のインクジェットなら印刷精度の問題で都合よく点々になるのですが、レーザープリンターで出力したら明らかに差が見えてしまいました。
これはトーンのように点々ではないためですね。
点と点の隙間のようなものがあればいいのではないだろうか?

エセトーン(笑)
トーンって黒の点の集まりじゃないですか。
考え方は白い絵に目の錯覚を利用したグレーを生成するというもの。
ならば元々グレーのものに白い点を置いたらどうだ?
エセトーン
やっつけ仕事すぎる(クリックして拡大すれば分かるかと)
試験とは言え、主線も含めてベタ張り。
ところが紙に出すと意外と悪くない感じなのですよね。
濃淡を意識してドットの大小、間隔を調整すれば綺麗に出せるかもしれません。
冗談抜きで面倒ですけど。

つーか、最初からトーンで色を置くのが正解なのでしょうけど正直アレは難しいです・・・
モヤっとグレーをどうやったらトーンで出せるのかサッパリ分からんよ。
多分、それも練習なのでしょうね~。
さて、次は色でも塗ってみましょうか。

では今日はこの辺で。


関連記事

loading...

非公開コメント

ようこそ

やきあじ

Author:やきあじ
コーヒーと雪の宿が嗜好品。
そんな社壊人の能書き。

決まったコンテンツは少なく雑多。
方向性を定めてしまえば楽でしょうし、読みやすいと分かっている。
でもあえてしないスタイル。
興味のない記事は読まなくても構わないと思いますし、逆に新しい情報として吸収するのも自由。

ただ私は好き放題に書くだけ。

最新記事
カテゴリ
キーワード検索
キーワード(タグ)を選択し、表示する記事を絞り込むことができます

お知らせ
Twitter
Twitter ブログで取り扱っていない話題や裏話もチラホラと呟いております

最近記事のRSS
RSS 不定期更新のため、登録しておくと便利かもしれません

ブロ友の申請
ブロ友申請 余程の事がない限り断ることはありません
最近のつぶやき

Twitter Reload

メール
コメントに残したくない連絡はこちらからどうぞ
こんな記事が読みたいなどリクエストも受け付けます

名前:
メール:
件名:
本文:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。