スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

loading...

漫画髪の描き方・塗り方。素朴な疑問

こんばんは。
やりたいコトだらけで時間配分がグダグダなやきあじです。
『仕事』『家事』『アニメ消化』『ブログ』『原稿作成』・・・
『積みゲー』入れる余地がないなー。まぁ優先順位低いからいいんですけどね。
原稿作成がブログより下にあるのは気のせいですよ師匠?
多分、多分なんとかなりますから;

さて、そんな私生活は置いておき本日のテーマはイラスト(特に漫画)の髪の塗り方で思った疑問です。
「結局ハイライトってなんなのさ?」
1 絵画・写真などで、最も明るく見える部分。
2 最も興味を引く部分・場面。映画・演劇の見せ場や、行事・催し物などの呼び物。
  「今年のニュースの―」「オリンピックの―シーン」


ん~漫画だと1に該当しますね。
いわゆる髪に入った白い模様?に当たります。
以前この話題は私の稚拙なイラストの際にも軽く話題にしました。
結局意図的に使わないという結論にその時点では至ったのですが・・・
黒髪描くなら無視できないことに気づき少し掘り下げてみようかと。

“もっとも明るく見える部分”とありますので強く光が当たっている部分になりますね。
そのため表現として白を使うことは納得できます。
問題はその描き方。

参考画像1 黒髪
Medaka-Com-05.jpg
まためだかかよっ!というツッコミはナシで。(今、手元にコレと少女漫画しかないのよ)
もっと分かりやすいコマもあったのですが・・・まぁいいじゃない。


とりあえず白は必要ですね。
これで髪の流れ(髪型)などを表現できますし、というか無かったら真っ黒ですよね。
黒髪に関しては先人の知恵を丸ごとお借りすることに疑問はありません。
白の入れ方が細かく多いほど柔らかい髪の印象があるということだけメモ。
バランス難しいね。

参考画像2(金髪)
Medaka-Com-06.jpg

ハイライトも何もないですね。
基本色が白ですし。
マジで語ることがない;

参考画像3(濃い髪)
Medaka-Com-07.jpg

主線が残る上、影も入れられますのでそこまで描き込まなくても良さそうな印象です。
あった方がいいと思いますが入れすぎると汚くなりました(一応試験的にやってみた)
グレースケール絵の時にも書きましたように特に入れる予定がないので問題ないかな。

さて、モノクロ画像の髪は概ねこの3種に収まると思います。
まぁそんなもの要らないというペンのみで描画する方も居ますし人それぞれですが。
それは個性。とても大事なことです。
ハイライトなんて使わずベタトーンだけでOKという方法もアリでしょうしね。


ん~~~・・・ですがねぇ・・・
最近気になってるんですよ。
Medaka-Com-08.jpg

この頭に巻いた謎の光の輪。
ぶっちゃけこれ何なん?
この方だけではなく絵サイトなどを見ても相当多くの方がコレ描いてるんですよねー。
モノクロでも同じような線?がありますが、これもハイライトなんでしょうか?
1 絵画・写真などで、最も明るく見える部分。
この定義だったら頭の周りに蛍光灯でも巻いているのでしょう。

ま、そんな皮肉は置いておき一度師匠とその友人に聞いたことがあるんですけどねぇ・・・
「ないとダメ。」
答えになってねぇぇぇ!!

ん、悪いとかそういった意味で聞いたんじゃないんですけどまだ分からないんですよ。
多分考えても答は出ないでしょうから「アホ毛」(左のキャラのぴょこんと生えた1本です)と同じアクセサリーなんだろうなぁと勝手に自己解釈してますけどね。
つまり「深い意味は無い」と。

この謎の輪を猫も杓子もとまでは言いませんが、先ほども書いたようにホントに多くの方が描き込んでいるのですよ。
あたかも「髪はこう塗りなさい!」って強制されているように。
例えば水彩調で背景とか凄く綺麗に書き込んであり素晴らしいって思える絵。
そこに「そぉぃっ!」と白ベタで頭にライン。
台無しすぎる・・・でも時々あるんですよね。
どうして描いてしまったの?
描き込んだことで作品の質が明らかに落ちてますよ?
実にもったいない例ですね。

流行だとか、売れる、評価されるとかそういったものなのかもしれませんが、あまりにも右へ倣え状態なのが少し気になります。
それが日本人の気質だとは理解しているつもりですけど同じものばかり見せられても面白くないなーと。
人に教わるのはデッサン段階まででいいんじゃないの?
そこから先の肉付けは自分の色だと思うのですけどねぇ・・・
最初は模写などで同じような結果になるかもしれませんが、そんな段階はもう終わった。それなりに描いてきたと言う方の目に留まったなら一度考えてみて頂きたい。

「その光、本当に必要なの?」



関連記事

loading...

初めまして。
ブロともの聖徳TAISHIです。

めだかボックス好きなんですか?
奇遇ですね、僕も結構好きです。

Re: 聖徳TAISHI

そーですねー・・・絵はともかく話は好きですね。
このブログでは表に出してませんが文章(ストーリー)を書くのが好きですので。
そっち目線で楽しんで読んでいますよ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

ようこそ

やきあじ

Author:やきあじ
コーヒーと雪の宿が嗜好品。
そんな社壊人の能書き。

決まったコンテンツは少なく雑多。
方向性を定めてしまえば楽でしょうし、読みやすいと分かっている。
でもあえてしないスタイル。
興味のない記事は読まなくても構わないと思いますし、逆に新しい情報として吸収するのも自由。

ただ私は好き放題に書くだけ。

最新記事
カテゴリ
キーワード検索
キーワード(タグ)を選択し、表示する記事を絞り込むことができます

お知らせ
Twitter
Twitter ブログで取り扱っていない話題や裏話もチラホラと呟いております

最近記事のRSS
RSS 不定期更新のため、登録しておくと便利かもしれません

ブロ友の申請
ブロ友申請 余程の事がない限り断ることはありません
最近のつぶやき

Twitter Reload

メール
コメントに残したくない連絡はこちらからどうぞ
こんな記事が読みたいなどリクエストも受け付けます

名前:
メール:
件名:
本文:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。