スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

loading...

ネット利用者の低年齢化 ~子供のスマホにburrs!!~

こんばんは。
障子紙で指を切ったやきあじです。

年末も近づき「大掃除」という面倒な作業が始まりましたね。
カビキラーでCMのように落ちないカビ。
CMが過大広告なのか我が家のカビが標準以上なのか・・・ま、どっちでもいいけど。

さて、金曜ロードショーでアレが放送されましたね~。
大体2年に1回ぐらいの頻度で放映され、安定した視聴率を叩き出す化け物映画。
天空の城ラピュタ。

2ちゃんねる住民にとっては祭であり、一部ではサーバー耐久試験とも呼ばれていました。
実際定着してきたのは4年前、つまり2回前の放送ぐらいからでしょうかねぇ?
有名な映画なのでストーリーの説明は省きますが、TV放送で流れるクライマックスシーンの禁断の呪文に合わせて「バルス」と世界中のPCから一斉に書き込みを行うことで、サーバーの処理限度を超えさせダウンさせるという『どうでもいいぐらいバカな話』です。
当然このようなものは内輪で企画されこっそりと他人に迷惑をかけることなく(日本テレビ実況チャンネルは落ちるけど)規模の小さな遊びでした。
しかし、今年は違ったのです。

マスメディアが先導切って煽るとかどうなっているのでしょう?
やほおニュースや楽10、他ネットでのニュースサイトで事前に取り上げられる記事。
それらに反応し、急遽ニコニコでも公式生放送を立ち上げ「お前らのコメントぐらいではニコニコのサーバーは落とせませんよ」と挑戦状を叩きつける始末。
別にこんなもの望んでいない。
喜ぶのは子供ぐらいでしょう。
で、実際どうなったかと言いますと。

2ちゃんねる@NTV実況板
burrs-01.jpg

暴徒が暴れただけ。
品も何もない。
開始早々から乱立するスレッド。
映画が始まるや否やバルスバルスバルス・・・
何がしたいんだろう?ただバルス書きたいだけか?目的は分かってるのか?
『映画のシーンに合わせてサーバーを落とす』だぞ?
それまでは映画に合わせてセリフ書いたり、パロディで遊んだり普通に使うものでしょう。
暴徒の行動は静まることはなくヒートアップした結果・・・
だれがバルスのシーンの前に落ちました。
(人がゴミのようだ!あたりでサーバーダウン)
burrs-02.jpg

常連メンバーのテンションがダダ下がりしたのは言う間でもありません。
しかし、同時に湧き上がる怒り。
怒りの矛先は別の雑談板に向かい・・・そっちも落ちたといふ・・・


ニコニコ動画
挑戦状を叩きつけたニコニコさん。
利用者の年齢層は明らかにこっちの方が低いでしょう。
さてどうなったのかと言いますと・・
burrs-03.jpg

生放送なのに60万人以上がアクセスしているんですけど。
(さすがに水増し表示だと思いますけどね)
例のシーンではアクセス負荷の影響で多数のコメントが処理されずに捨てられたと思われます。
実際サーバー自体は落ちませんでしたが・・・コメント枠がフリーズしてますね。

が。納得できない件も。
burrs-04.jpg

入場規制かけて『勝った』と言えるのかな~?
全裸待機で受け止めてこそ『勝利』じゃないの?
なんだか釈然としませんね~。


twitter
バカ発見装置が世界的ニュースとして一番影響したかもしれません。
burrs-05.jpg

バルスが起こった時間帯に毎秒14594回ほどツイートがされたとか。
これは驚異的な数字で過去最高はビヨンセが妊娠したというニュースで8868ツイート/秒だったそうな。
更にTwitterではそのあとコメントが投稿しにくいなどのトラフィック遅延現象も起きていた為、実際のツイートはもっと多かったと予想されます。
ちなみに女子W杯決勝戦の日本対米国戦で7196ツイート/秒、大晦日には6939ツイート/秒、東北地方太平洋沖地震では5530ツイート/秒など。
この事象は世界的に注目され、ひとつの遊びとして認識されるかもしれませんね。

人口の分母の違い・・・米や中が本気でこんな遊びしたら素で処理できるサーバーなんてまずないんじゃないでしょうか。
ぶっちゃけ人口総出でアクセスするって一種のサイバーテロになると思うんだが・・・
設計段階で過剰トラフィックへの対策も考慮してますから問題はないと思いたいですけど。
(元SEですけど、こっちは専門外のためあまり詳しくないんですよね)


しかし前回まではここまで酷い騒ぎになるものではありませんでした。
ま、理由なんて想像つくでしょうけど確実にスマホの普及が原因でしょう。
だれでも簡単にネットにアクセスできる。
そしてネットで話題を振りまく。
「面白そう」と自分で良し悪しの判断がつかない年頃の子供(ゆとり世代も含むのか?)を振り回したらこういう事件は起こせる。
扇動する側、煽られる側。どっちもどっちなのかなー?と今回は冷めた目で見させられるバルスでした。


関連記事

loading...

非公開コメント

ようこそ

やきあじ

Author:やきあじ
コーヒーと雪の宿が嗜好品。
そんな社壊人の能書き。

決まったコンテンツは少なく雑多。
方向性を定めてしまえば楽でしょうし、読みやすいと分かっている。
でもあえてしないスタイル。
興味のない記事は読まなくても構わないと思いますし、逆に新しい情報として吸収するのも自由。

ただ私は好き放題に書くだけ。

最新記事
カテゴリ
キーワード検索
キーワード(タグ)を選択し、表示する記事を絞り込むことができます

お知らせ
Twitter
Twitter ブログで取り扱っていない話題や裏話もチラホラと呟いております

最近記事のRSS
RSS 不定期更新のため、登録しておくと便利かもしれません

ブロ友の申請
ブロ友申請 余程の事がない限り断ることはありません
最近のつぶやき

Twitter Reload

メール
コメントに残したくない連絡はこちらからどうぞ
こんな記事が読みたいなどリクエストも受け付けます

名前:
メール:
件名:
本文:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。