スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

loading...

2012夏アニメ1話レビュー:ソードアート・オンライン

こんばんは。
昔はネトゲでそれなりにブイブイいわせてたやきあじです。

今やゲーム=ネットワークと言っても過言ではない時代になりましたね。
パーティーゲーム、RPG、アクション、クイズ、麻雀・・・本当に多種多様です。
しかし最近の一番の話題はドラクエXでしょうね。
ネットワークゲームは楽しい反面、怖い場所でもあるのですよ。
しかし、ここまで過酷なネットワークゲームは存在しないでしょう。



ソードアート・オンライン
SwordArtOnline-01.jpg
元々はWeb小説だった本作。
現在は商業化の流れで電撃文庫になっていますね。
Web掲載時から非常に評価が高く、私がネトゲに触れるきっかけにもなった作品です。
そういった意味でちょっと思い入れのある作品ですね。
余談ですが現在2クール目が放送されている『アクセルワールド』もこの方の作品なのです。
作風は似ておりますのでそちらが好きな方は素直に受け入れやすいかもしれませんね。
SwordArtOnline-02.jpgSwordArtOnline-03.jpg

SwordArtOnline-04.jpgSwordArtOnline-05.jpg

SwordArtOnline-06.jpgSwordArtOnline-07.jpg

ナイスチュートリアル
ネトゲに詳しくない方にも比較的分かりやすく作られていたのではないでしょうか。
まぁ、ゲーム自体触らないという方にはこれでも厳しかったかもしれませんが;
基本的には以下の内容さえ抑えていれば2話以降の視聴に問題はないと思います。
 ・意識ごとゲームに固定される未来型ゲーム機です
   (映画マトリックスの仮想現実と同種と考えてください)
 ・ゲームに参加したプレイヤーは自由に現実に戻ることができません
   (ゲームの強制終了も不可能です)
 ・ゲーム内でプレイヤーが死亡すると現実の身体も死にます♪
 ・現実でゲーム機を無理に体から取り外すとやはり死にます♪
 ・現実に戻りたかったら頑張ってゲームをクリアしてね♪
                                以上。

まさにDead or Alive.
いや、そんな訳ないですね・・・どう考えてもDead or Deadです。
そこそこのゲームをプレイしてきましたが聞いたことがありませんよ。
一度も死なない人なんて;
「うっはwwwなんぞコレwww」
「無理ゲーwww」
「運営クソすぎワロタw」
『喜びながら暴言を吐きつつ、先人の死体の上を越えて活路を見出す』
それがネトゲ。
新しいアップデートがあれば理不尽を喜ぶドMの集まりですよ;

ネカマ禁止令発動!
SwordArtOnline-08.jpg
ネットの世界には沢山居ますからね。
それはゲームの中でも同じ・・・というか多すぎる;
とりあえず女性型キャラの中身9割は男ですよ。
そんなプレイヤーを絶望の淵に叩き落とす製作者からのプレゼント♪
「アバターなんて要らないよね?現実と同じ姿でプレイしましょっ!」
SwordArtOnline-09.jpgSwordArtOnline-10.jpg

劇的ビフォー・アフターですな。
小説の字面ではここまで酷いことになるとは思わなんだよ・・・
因みにネカマさんだとこうなる。
SwordArtOnline-11.jpgSwordArtOnline-12.jpg

元の姿になるだけでも大概酷いものですが、アイマス風の衣装が更にカオス度を加速させています。このシュールさ・・・スタッフさんは笑いのツボを押さえてますね♪


そろそろお気づきかと思われますが・・・
いつもペタペタ可愛い画像を選んでいるのですけどねぇ?
今回は何かが違うと気づかれているかと思います。
1話はヒロインの出番ナッシング!!
前代未聞ですが貼りたくても出番ないんですって;

・・・いや、まぁない事はないのですけど。ちらっと。
SwordArtOnline-13.jpgSwordArtOnline-14.jpg

SwordArtOnline-15.jpgSwordArtOnline-16.jpg

以上。
エンディング(映像はオープニング)にはしっかり映っているのですが、嫌がらせというか勿体ぶりと言いますか・・・スタッフロールが被りすぎていてパスしたのです。
2話で登場しますので今回はこれで勘弁してください;
SwordArtOnline-17.jpgSwordArtOnline-18.jpg


ファンの情熱の結晶
言葉が出ません。
本作の冒頭の流れをAA(アスキーアート)で作成した猛者が居るのです。
出来自体も凄いのですが、何より驚くことに1話のコンテとほぼ一致しているのです。
作成されたのは約3年前。
これを作った人が今回のコンテを描いたのか、コレを元にコンテを作成したのか?
何の関係もないとは考えにくいです;

1話を見逃した方はダイジェストとして。
視聴された方はその一致ぶりを堪能してみてください。
(恐らく5分ぐらいで読み終わると思いますのでお気軽にどうぞ)
ソードアート・オンラインAA http://shishi.sakura.ne.jp/aaplotpool/ln-aa03-01.html


さて、本作品は全25話(2クール)を予定されております。
小難しそうな設定の話も書きましたが、基本的にはファンタジー系の作品として見ても良いかと思います。
ゲームを嗜む方(特にネトゲや格ゲー)でしたら存分に楽しめる作品になるでしょうね♪


関連記事

loading...

2012夏アニメ1話レビュー:ココロコネクト

こんばんは。
人気のあり過ぎる作品も辛いものだと再確認したやきあじです。

皆まで言うな。
このページに訪れる人なら誰もが思っているでしょうから。
この絵柄はパクりではなく、ご本人様提供なのだから仕方ないんだよっ;
まだまだアニメ版はマシなの・・・小説の挿絵なんて・・・うわ、なにをす(ry



ココロコネクト
KokoroConnect-01.jpg
懐かしいなー。
随分と前に勧められて読んだっけ。
高校生+超常現象と聞くとありきたりなベタ設定に聞こえますよね。
読んですぐに感じたのは「あ、コレはちょい違う。割と重めの作品だわ」
KokoroConnect-02.jpgKokoroConnect-03.jpg

KokoroConnect-04.jpgKokoroConnect-05.jpg

KokoroConnect-06.jpgKokoroConnect-07.jpg

KokoroConnect-08.jpgKokoroConnect-09.jpg


第一話で起きた超常現象は精神の入れ替わり
最近はあまり見なくなったネタですが、割と昔から良く使われていますね。
主にギャグやコメディですけど。
けい…なんとかに似た絵柄であったり、男女仲睦まじい部活であったりするため一見『ラブコメ』に見える本作品ですが『ミステリー』です。
この“入れ替わり”実は結構笑えないものです。

身近な異性を想像してみてください(家族以外で)
KokoroConnect-10.jpgKokoroConnect-11.jpg

例えば今、あなたも想像した相手も自室に居るとしましょう。
そして先ほど想像していただいた相手と入れ替わったと思ってください。

・・・さて何します?
見知らぬ部屋、身体の違和感・・・とりあえず慌てふためく事でしょうね。
仮にあなたは順応力があり状況を理解し、落ち着けたとします。
・・・次、何します?
異性の部屋に興味はありませんか?
異性の身体に興味はありませんか?
知りたくない?
触れたくない?
下衆な問いかけですが、興味のない人は居ないと思います。
さて、あなたはどうしますか?
KokoroConnect-12.jpgKokoroConnect-13.jpg

KokoroConnect-14.jpgKokoroConnect-15.jpg



はい!戻ってみましょう。
部屋に異常はありませんか?
着衣に異常はありませんか?
何もなければそれはそれで結構。

でも本当にそうでしょうか?
KokoroConnect-16.jpgKokoroConnect-17.jpg

部屋には見られたくない物もあるでしょう。
それ以前に入られたいですか?
部屋も、自分も、見るだけなら何も異常は発生しませんよ?
相手は本当に何もしなかったのでしょうか・・・?
もしかしたら・・・

何もないと思いたい所ですが、証拠などありません。
信じることができるのは相手の言葉のみ。
しかし、相手もそのような行動を取れば後ろめたさがあります。
そのような心情で本当の事を話すでしょうか?

リアルに想像したら結構クるものがあると思います。
『疑心暗鬼』というものですね。
そういったものが積み重なれば徐々に歪んでくる『人間関係』
このままでは折角集まった仲間なのにバラバラになってしまいます。
超常現象がなぜ起こるのか?原因は何か?
不安や不信が積もるなか、原因を突き止められるのでしょうか?


と、まぁこんな感じでしょうかね♪
ちょっと煽りすぎた文章に見えますが、コレ1章の分だけですよ?
2章以降は更に精神的にエグい現象が待ち構えています。
それらを乗り越えるためのメンバーの『絆』が本作のメインテーマですから♪
KokoroConnect-18.jpgKokoroConnect-19.jpg

KokoroConnect-20.jpgKokoroConnect-21.jpg

KokoroConnect-22.jpgKokoroConnect-23.jpg



ジ・アンダーテイカーの圧倒的存在感
KokoroConnect-24.jpg
・・・こんなもん部室に貼るなよ;
プロレスに関してそれ程詳しい訳でもない私ですが、さすがにコレは即座に分かりました。
検索すればすぐに元画像は見つかるので興味があれば是非。
代表的な1枚ですが、個人的にはハットを被った写真の方が好み。
バンダナも捨てがたいが・・・ってアニメに全然関係ないですね。
まぁ太一のプロレス好きのアピールってトコでしょうか。
しかしチョイスが渋すぎる・・・スタッフぐっじょぶb

関連記事

loading...

2012夏アニメ1話レビュー:DOG DAYS'

こんばんは。
『'』はダッシュなのかプライムなのか気になって仕方ないやきあじです。

猫のサラサラフカフカ感。たまらない。
犬の従順な上目遣い。たまらない。
基本的にペットと呼ばれる動物は何でも好きなんですけどね;
今回はもふもふした世界観のアニメのご紹介です。



DOG DAYS'
DogDays-01.jpg
ゆるゆるふわふわ非日常系アニメですよ♪
和気藹々。
この一言で作品の全てが完結するような気もしますが、2期ものですし少しだけ世界観などを説明しましょうか。
DogDays-02.jpgDogDays-03.jpg

DogDays-04.jpgDogDays-05.jpg

DogDays-06.jpgDogDays-07.jpg

DogDays-08.jpgDogDays-09.jpg

主な舞台となるのはフロニャルドという世界。
上の画像を見れば一目瞭然ですが、犬耳、ネコ耳、キツネ耳etc.etc...
俗にケモナーと呼ばれる種類の方々は暮らしております。
国々はありますが基本的に良好な関係を結んでおり、実に平和。
そんな世界に主人公達は各国の勇者(という名の助っ人外人)として召還されるのです。

・・・って書いた後に気づいたのですが、Wikiの情報濃すぎ。
あらすじの項目が完全に1期のダイジェスト化していますので、良かったらどうぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/DOG_DAYS

活劇ファンタジーですから当然バトルもありますよ
DogDays-10.jpgDogDays-11.jpg

DogDays-12.jpgDogDays-13.jpg

DogDays-14.jpgDogDays-15.jpg

DogDays-16.jpgDogDays-17.jpg

が、全く血生臭いものではなく姫様の説明によると
「国が主催する国民参加型運動イベント」だそうな。
簡単に説明しますと定められたアスレチックフィールド内での陣取り合戦です。
剣や槍で武装こそすれ、基本的にポカポカ叩き合っているようなものですね。
ダメージを受けても猫玉or犬玉という状態になりゲームアウトするだけ。
安全面もバッチリ完備!
DogDays-18.jpg
ただし、それはモブの皆さんだけです。
キッチリ顔の描かれたキャラの場合は・・・
DogDays-19.jpg
脱げることもあります;
個人的にはソレは必要なのか?と少々疑問があるところですけど;
ま、いわゆるサービスというものでしょう。

幼馴染は魔法少女?
DogDays-20.jpgDogDays-21.jpg

1話ではその姿は見られませんでしたが、ほぼ間違いなさそうです。
この作品では変身という概念はないのですがこの子ならやるかも・・?
ついでにメカニカルな箒?が喋りだしたり・・しないよね?
そういえばこの世界での主な攻撃手段は紋章砲(ぶっちゃけビーム)
既にあるお方が頭の端でチラチラと浮かんでいるのですけど。
魔砲少女だとか白い悪魔だとか言われているあの魔王が・・・
LyricalNanohaTheMOVIE1st.jpg
やりかねん。
同じ製作会社だよ!?
むしろ期待しない方が無理というものかもしれません!!

DogDays-22.jpgDogDays-23.jpg

DogDays-24.jpgDogDays-25.jpg

DogDays-26.jpgDogDays-27.jpg

DogDays-28.jpgDogDays-29.jpg

童心に返って素直に観ると楽しめる作品です
とてもじゃないですが、シリアス展開を求めてはいけません。
恐らく今回も後半には少しそういった要素は入れてくるでしょうが、涙と感動を求めるのは酷でしょうね。
そんな事よりも、カラフルで可愛らしいキャラクターを楽しむものかと。
好き嫌いがハッキリ分かれそうですが、たまにはこういうアニメも悪くないものですよ?
いわゆる癒し系アニメというものですね♪


関連記事

loading...

2012夏アニメ1話レビュー:夏雪ランデブー

こんばんは。
ベリーショートは本当に可愛い人限定の髪型だと思うやきあじです。

ノイタミナって面白いよね。
アニメ化前提で作られる作品ではなく、隠れた作品を掘り出す姿勢が好印象。
あと、原作ありの作品でも“きっちり完結している”ものを選ぶことが多いのも特徴です。
中途半端に終わる作品が多い昨今では珍しい枠ではないでしょうか?
・・・ただし、あくまで“多い”ですからね?
5年ぶりに急に2期を放送したアニメがあったような気もしますがあれこそ例外。
だからこそ上層部のあさはかなブームに乗っかる姿勢が・・・ゲフンゲフン



夏雪ランデブー
NatsuyukiRendezvous-01.jpg
花屋でアルバイトをしている主人公(葉月)は店長の六花に恋心を寄せるのですが彼女には元夫の霊が憑いており、その恋路を邪魔するのでした。
・・・ってざっくり書いたらどこぞのドタバタ系ラブコメに見えてきた;
いや、これ純愛系の作品ですよ?
NatsuyukiRendezvous-02.jpgNatsuyukiRendezvous-03.jpg

NatsuyukiRendezvous-04.jpgNatsuyukiRendezvous-05.jpg

NatsuyukiRendezvous-06.jpgNatsuyukiRendezvous-07.jpg


スノードロップ
snowdrop.jpg
原作を読んでないのでここは想像ですが、花屋での物語ですので少し花に触れようかと。
エンディングでも描かれている花「スノードロップ」
この花には少し面白いエピソードがありましてストーリーに絡むのじゃないかな?
アダムとイヴの話の一説にこのようなものがあるのです。
 「アダムとイブがエデンの園から追放された時、雪が降りしきっていた。
  永遠に続くかと思われる冬に絶望して泣きじゃくるイブを慰めるため
  天使がひとひらの雪に息を吹きかけた。
  それは地に落ちて春の兆しのスノードロップとなり、そして『希望』が生まれた」

スノードロップの花言葉は「希望、慰め」
亡き夫から離れられない女性。
死後も妻から離れられない男性。
純情で臆病な性格から抜け出したい男性。

それぞれの新しい春を暗示しているとか想像するとキュンキュン来るのですけどっ!!
更に追い討ちをかけるとスノードロップとは「雪のしずく」ではありません。
このドロップとはイヤードロップ(耳飾り)ですので「雪の耳飾り」という意味なのです。
もう言わなくてもいいよね?
ここまでの流れから想像できると思います。
ええ、書いているだけで心拍数が上がるってものですよ!!
エンディングの1枚絵からここまで妄想が広がるのも恋愛作品ならでは。
しかし恋に恋するような内容になっているような・・・
ま、恋愛に年齢は関係ないからいいよね♪
NatsuyukiRendezvous-08.jpgNatsuyukiRendezvous-09.jpg

NatsuyukiRendezvous-10.jpgNatsuyukiRendezvous-11.jpg

NatsuyukiRendezvous-12.jpgNatsuyukiRendezvous-13.jpg

NatsuyukiRendezvous-14.jpgNatsuyukiRendezvous-15.jpg

NatsuyukiRendezvous-16.jpgNatsuyukiRendezvous-17.jpg

NatsuyukiRendezvous-18.jpgNatsuyukiRendezvous-19.jpg


久々の純愛系アニメですのでじっくり楽しみたい1本ですね。
毎週の放送を楽しみに待つも良し。
3,4話ほど溜めて複数回に分けて楽しむも良し。
どちらかと言えば私は後者ですが・・・
ストーリーの展開次第で「はよ次!」って言うかもしれませんが♪


見逃した!という方はこちらからどうぞ(1話無料)
フジテレビオンデマンド http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/anime/ser5169/

関連記事

loading...

2012夏アニメ1話レビュー:もやしもん リターンズ

こんばんは。
小学生時代のあだ名がカビパンだったやきあじです。

昔から食べるのが遅いだけなんですけどね。
おかげさまで給食時間の間に食べきれなかったコッペパンなどが机に・・・
そして忘れた頃に黒カビさん付きでコンニチワ。
まぁ、よくある話です。
つーか、何も付いてないうえにバカみたく大きなコッペパンだとか、同じくマーガリンすらない生食パンを2枚とかモゴモゴ食えますかい!!



もやしもん リターンズ TALES OF AGRICULTURE
MoyashimonReturns-01.jpg
忘れた頃にこんにちわ。
塩麹ブームに乗ってフジテレビ系列がお送りします♪
(なんて邪推してしまうぐらい唐突なのですよねぇ)
この漫画覚えてます?もしくは知っています?
漫画やアニメは知らないけどマスコットキャラだけ見たことあるって方が多いのではないでしょうか。
あと『もやしもん』というタイトルだけ。
オリゼー君は一時期ブームになりましたからね。
本作のマスコット的な立ち位置であり、その可愛らしいデザインのおかげで玩具屋やUFOキャッチャーの景品として全国にバラ撒かれましたものね。
我が家にも居ましたよ。約40cmぐらいのオリゼー君が8匹ほど・・・;
MoyashimonReturns-02.jpgMoyashimonReturns-03.jpg

MoyashimonReturns-04.jpgMoyashimonReturns-05.jpg

MoyashimonReturns-06.jpgMoyashimonReturns-07.jpg

前の作品が放送されたのはなんと約5年前
その時もノイタミナ枠だったのですねぇ。
ノイタミナって当時からあったのかと少し驚きました。
そんな事よりも5年前から変わらずアニメ観てる事実に気付かされた訳ですが;

どういう作品なのか?
MoyashimonReturns-08.jpgMoyashimonReturns-09.jpg

MoyashimonReturns-10.jpgMoyashimonReturns-11.jpg

2期が始まった訳ですが、シーンは1期終了直後からの続編ですが基本的に新規視聴でも問題はないかと思われます。
1話で堂々と1期の回想シーンがありましたが気にしなくて構いません。
なんと言っても1から10まで菌の話ですから♪
人間ドラマなんてオマケみたいなものです。
菌による菌のための菌の話。
主に・・・いや、ほぼ発酵文化の話という教養番組ですよコレ。
ワイン、ビール、日本酒などお酒好きでしたら、ほほぅと思うネタが多数あります。
そのような雑学に興味がありましたら見る価値があると思います。

なんだかんだ新しい知識が増えていく・・・
MoyashimonReturns-12.jpgMoyashimonReturns-13.jpg

MoyashimonReturns-14.jpgMoyashimonReturns-15.jpg

泡盛と言えば言わずと知れた沖縄の地酒ですが、まさかアニメで新たな知識を得るとは思いませんでした。
泡盛はいわゆる『蒸留酒』に属します。
この蒸留酒は加熱すればするほど水分が減り、アルコール濃度が高まるのですよ。
そこまでは理解していましたが、瓶詰めの前に水を足しているとは;
理由はアルコールが高濃度になりすぎてキツいため、飲みやすい度数に落とすため。
ちなみに日本酒も同じだそうです。

うむむむ・・・?
だったら蒸留を途中で止めたら水を足す2度手間が減るのでは・・・?
素直に考えたらこういった疑問が出てきます。
長年培ってきた匠の技でそういう流れになっているのですから、何かしら“ダメな理由”があるのでしょう。
ま、調べてみないと分かりませんが恐らく『酒』として不十分な出来になり味、風味共にダメダメなものができるのではないでしょうか。
こんな感じで色々とオマケで調べたくなってくるのです。
こういった知識欲のある方でしたら存分に楽しめると思いますよ♪


あ、書き忘れてた。
ゴスロリの子ですが、男の娘ですので。

関連記事

loading...
ようこそ

やきあじ

Author:やきあじ
コーヒーと雪の宿が嗜好品。
そんな社壊人の能書き。

決まったコンテンツは少なく雑多。
方向性を定めてしまえば楽でしょうし、読みやすいと分かっている。
でもあえてしないスタイル。
興味のない記事は読まなくても構わないと思いますし、逆に新しい情報として吸収するのも自由。

ただ私は好き放題に書くだけ。

最新記事
カテゴリ
キーワード検索
キーワード(タグ)を選択し、表示する記事を絞り込むことができます

お知らせ
Twitter
Twitter ブログで取り扱っていない話題や裏話もチラホラと呟いております

最近記事のRSS
RSS 不定期更新のため、登録しておくと便利かもしれません

ブロ友の申請
ブロ友申請 余程の事がない限り断ることはありません
最近のつぶやき

Twitter Reload

メール
コメントに残したくない連絡はこちらからどうぞ
こんな記事が読みたいなどリクエストも受け付けます

名前:
メール:
件名:
本文:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。